酵素玄米と玄米酵素2

酵素玄米再開 001
良く民宿や食堂で見るようなジャーで寝かせます

(ややこしいですが二つは別物で赤いご飯が酵素玄米です)

玄米を食べるときの課題と解消
酵素玄米についてもう少しつけ加えます。玄米を精米する時に出る糠(ぬか)と呼ばれる栄養たっぷりの外皮がついている玄米はうまく食べないと実は体に非常に負担になるのです。
玄米で便秘が解消なんて話もあるように繊維たっぷり、そして糠が床磨きに使えるぐらいの油成分である事はそのままでは非常に消化しづらく胃腸に大変な重労働を強いる事になり、その為に100回噛むなどして唾液の消化酵素ででんぷん化処理をして胃に流す為、一膳平らげるのに1、2時間以上かかるという実生活ではとんでもなく導入しづらいのが玄米です。それでこういう炊き方で蒔けば芽が出る命を惜しみなく頂き、しかもこの栄養の塊の硬い殻をたくさん食べてもなんの不良も起こさないで取り入れられ酵素効果もついてくる、というのがこの酵素玄米のポイント。
食べるのがこれだけなので本当はお金もかからない!・・・と言っても自身実践については新井先生の言われた半分もできなくて挫折した方ほうだから何か言って聞かせることはしません。単なる見本として食す体験の提供のみ!
炊きたい人は埼玉県川越の長岡式酵素健康の会本部太陽の家(049‐245‐0050)へお問合せてみて下さい。
圧力鍋に保温ジャーやザル・ボウル等の小物と材料の米・小豆・塩その他。届いたその日から炊けるセットで確か一式で7、8万位だった気がしますね。それと一回は講習にも参加して見ておくと・・と金額と過程が大変でもこれで済む完全食なら食費はあっという間に下がりますから大人だけとか一人でなら簡単でいいかもしれません。
(なんちゃって酵素玄米の方はネットで調べてくださいーコソっ)3日たったものを冷凍保管の場合は酵素を壊さない為レンジでチンしない解凍の必要があります、それと酵素が死なない60°以上の火を入れないこととか・・・気をつけて!

(単純に美味しいしやりたい!は命の言葉、こちらは10年たってやっと振り出しにきた感あり)

さて、直伝書にこの酵素玄米での体質改善を目指す方は医薬品は控えてと書いてあります。
酵素が壊れて効力を失うからだそうです。医薬品、漢方薬、食品食の添加物も薬で酵素の敵なので自家製の無添加物副食物が理想的な自然食と書いてありここでグッとやれな感がヒシヒシでした^^。
というよりもどんな酵素も多分普段食べているものでことごとく破壊されるほど世の中添加物・薬品づけですから酵素はたくさん補うべし!この事をそうとも読む事も出来、ここで『あ、そう』と閃き周りの健康志向人たちが良く出していた【ハイゲンキ】なる自然食品を導入したのです。

clip_image002
簡単に持ち運びと口に入れる事が出来るので便利

ハイゲンキは(株)酵素玄米から出ている、玄米が主原料で酵素と女性必須のイソフラボンの大豆成分から作られビタミンC以外の栄養分も豊富な自然食品。簡単に言えば玄米版納豆のようなもので持ち歩きしやすい顆粒状袋。
マクロビィオティック系料理の提供を運営してみて無農薬玄米菜食は材料調達も調理も一般には99%導入不可と解かり、かといって酵素玄米の赤茶けたごはんだけではもの足りないし酵素も断然足りない。それならば普通食にサラサラ顆粒一つ増やすだけで玄米食代用にもなり酵素も補給され栄養の補給も成り立つという一石三鳥の優れもの。
(株)玄米酵素の会社の姿勢が世の中の食改善を推進していた事にも共通性があり信頼を置きました。
(入口に時々張ってある断食合宿や健康料理教室の案内ほぼこの会社のものですー興味のある方は持ち帰りどうぞ)
なお、酵素は本来体の調整やメンテの為に多くを必要とすべき所を肉食や過食気味の消化の為や、添加物・不純物の中和の為に使われすぎて体のメンテナンス回らなくなっているのが現代人の不調の理由とも言われ、昨今の酵素ブームもこうしたことから盛んなのでしょう。『おもしろーい、あれって口にいれると歯周病原菌がドンドン減るのね!』とは口の健康を司るある歯医者さんの使用感想。知人はある時全く食事がとれなくなり、一か月このハイゲンキで過ごした所幼少時より特殊体質で体中から膿を吹くようなひどかった体質が一気に変わったとしてそのやけどの様なケロイド痕の腕を見せてもらった時はなんと体を変えるべく酵素と玄米質が作用するのだろう!とも思いました。
そのハイゲンキも見本は教室の前棚の上に(有料ですが)置いてありますから少し試して見たい時、食べすぎの時、体力・気を補いたい時などにご利用ください。会社や付き合いで酒の席に行く前に飲んで置くと断然違います^^体でない便秘やガスだまりや汚染の海の体を少しでも病気療養にさかないで人生を謳歌・安心に暮らすべく人間の生への興味を追及していたら自然と食に出会い、酵素玄米も玄米酵素ハイゲンキも、私は若いころからそういうものをあんまり大事にしてこなかったので必要です。三日坊主も三日進歩!やらなければ0やれば1ですもの☆

(この記事は教室の会員さん向けに発行したお便りのもので、教室に炊いた酵素玄米を用意し、お持ちいただきながら体験していただいた時のものから転用です)