‟ありのままの自分”で変わった体質と生活習慣病

体の事は気質や性格がかなり関係あるのだという事をまたまた実態の中から貴重な体験として寄せていただきました。
(その昔知った「解かるとは体験してからであって本や何かで見たり聞いたりしたものを知っているとは言わない」との師の愛ある言葉になるべく実践しようとも思い、なおかつ出来ないことは情報を確信するまでなるだけ材料を集めてから‟知る”ようしていると時々ピカッと言葉が入ってくる時がありますが、こんな体験の言葉も貴重なピカッなのでご紹介)

70代でヨガを始めたOさんはこの1年半で
1、高血圧が改善し薬がいらなくなった
2、低体温の解消(35.5℃が36.3℃に)
3、気持ちが前向きになった
4、げっそり痩せた体重が戻る
5、以前は毎日1万歩を設定しガンガン歩いていたが今は無理をしない3分早歩き&3分ゆっくり歩き法で出来る時に歩く(この辺はTV情報と思われる)

『いつも先生の無理をしないで、頑張りすぎないで、という声がけで気持ちが楽になり、年齢に関係なく自分にあった技量で行え、他の人たちより劣っている自分も楽にやっています』

自分ではどうにもならないものをヨガ(ヨーガ療法)が素地として自律神経系に手を入れ興奮を鎮める(高血圧は交感神経優位気味がおおいに関係)、

静かな客観重視のヨガ運動(ヨガの体を使う事は体の自分を客観視し掴む事)も手伝って瞑想の扉が空き、更に気づきを良くし、行動が変わる、

となって健康が改善する、と言う認知行動療法の典型的な例ですね。

、―「~しかない自分」から「~でもいい」への緩み―

また明日

手前が刈り取り成功地
梅雨の様な長雨にすっかり伸びたPの雑草 。ヨガ始業前のひと時で刈れたのはわずか1台分 ↓。10日かければ出来る、がんばろう!

 

ついてるついてる、いいものがあなたの中に

誕生日の仕事もいいものです。
スタジオ階段を上がると待ってたものは

IMG_0162
ハッ!? なんかある‼
IMG_0177
と思ったら花かご!! 将来の偉大な戦士とママからありがとう

そしてこちらにも同じこの季節にはめずらしい初夏の花ダリアが偶然にも入って来ました。
大好きなカサブランカも一緒に。
ダリアは色んな意味にもとらえられるので《考え次第で変わるもの》、かな
IMG_0174(ダリアの花言葉には華麗や感謝もあれば裏切や不安定という意味もあるとの事ですし)

IMG_0155
ポスターはヨガの龍村師の兄:龍村仁監督の映画「ガイアシンフォニー」のフルアース

さえない日もありますが《為になって活きよう》というのは力になります。

ヨガが終わると皆さん来た時とは違ってスッキリしてお帰りになります

「ここに来ると元気になるから来る」 なじみの会員さんが言い、私は心の中で『ここには力はないけどきっとあなたには有りますよ』と送ります。

人を思う心が形がになった花の命もたくさんあります。。今日

ヨガの力。心も体も人間関係も、の体験

「運動不足解消」や「ヨガでダイエットしたい」、または「肩こりや腰痛解消したい」、などはヨガを始める時の理由として良くあるものです。
しかし最近ではお医者さんでも『腰痛はストレスから』と当たり前に言う時代になり、【体と心は相関関係があるので健康の為には心を何とかしないいけない】というのは世間の共通認識になりつつあるのかなと思います。
今回、思っていることが出来ていても何かと晴れない気持ちの方が、心の伴う進路で軽減出来たのは、①体調の事と②周りの人間関係でのストレス度だった、と言う体験談を寄せてもらいましたので新しく体験談コーナーにアップしました。

体験者は『(ヨガをすると)心も軽くなる事で目の前に映る景色も明るく見え、心も清らかになりマイナスな気持ちからプラスな気持ちになっていく自分を感じる事が出来、肩こり腰痛なども感じなくなります。心も体も変わる事で周りの人に優しくなり、家族に愛情を注ぐことが出来るようになります!』との事。

人生いろいろありますから休むことや鍛えるのは体ばかりでなく脳の方も大事ですね。

合掌

OLYMPUS DIGITAL CAMERA